2007年11月24日

「緋色の研究」後編掲載「サスペリアミステリー」新年号が発売になりました!

ここのところお仕事情報のみでしか更新しないブログですみません!m(__;)m

ホームズ後編の載った「サスペリアミステリー」新年号が今日発売になりました。
Informationページの方も更新いたしましたので、ぜひご覧下さい。

6日に発売になった「ウーマン劇場」の原稿と日程的にくっついていたので、
この秋は「ネーム上がった!OK出た!じゃあ、先にこっちの原稿!
…上がった!次、もう1本の原稿!」ってな感じで、この2ヶ月は
なんだかバイアスロンな日々でした。

…ってまあ、週間連載や月に何本もの締め切りを抱える作家さんに比べれば、
こんなの全然たいしたことはない量(2ヶ月弱でネームから2本76P)で、
自分でも東京の仕事場にいた頃、アシスタントさん2〜3人に
来ていただいていたときは、作画はペースももっと早かったし、
時にもっとたくさんのページ数を上げていたりもしたんですけども…。

ただ全然違う出版社&作風の2本でしたのと、
家族と同居しながら原則ひとりで描くことになって、
そしてなによりそんな風に環境が変わったことで、
以前と同じペースでは描けなくなっているので、
これまでの「だいたいこのページ数なら何日で上がる」という読みが
全く役に立たず、もう森の中で磁石が効かないみたいな気持ちになってしまって、
それがとにかくしんどかったです。
なんだか二ヶ月間、ひたすら焦り続けていました。
(体は疲れているのに、後半はもう2時間くらいで不安で目が覚めてしまって、
むしろ幸いと「描かなくちゃ間に合わない〜!」って感じで、起きちゃってました。)

まあそんなだったので、今回は背景やトーンなどをネット等を使って
在宅のアシスタントさん(妊娠中の君にいろいろご無理言ってごめんね>Nちゃん!
ネット上でお知り合いになって初めてお願いしたデジアシでしたが、
とても良い感じでお仕事して戴けて助かりました>M子さん!)にお願いしたり、
ついには遠路はるばる友人のオッチーさんの「行きますよ〜るんるん」という
ご厚意に甘えて銚子まで2泊ほど来て頂いたりも!
そうしたお力もあって、なんとか無事??2本とも描き上げることが出来ました。
多謝であります!!

とはいえ、前よりも自分ひとりで作品に没頭する時間が長くなったせいか、
「もっと上手くなりたい〜!!ぐ〜、自分の下手くそ!」とか、
もだえつつ、気がつけば漫画を描くことに前より真剣になっている自分がいて、
それはちょっと嬉しい発見でした。

そんな感じで描き上げた
「シャーロック・ホームズ緋色の研究<解決編>」です。
ご覧になって戴ければ、嬉しいです。
そして、宜しければ感想をお聞かせ下さい。
どうぞ宜しくお願いします。m(__)m

話変わって。

昨日23日はお酉様でしたので、二年ぶりに熊手を納め&買いに出かけました。
J-Mac会合で東京に出てきた翌日でしたので、
山田ゴロ先生&ココアさんご夫妻に新宿花園神社に誘っていただいたのでした。

本当は、今年私は喪中なので、ちょっと逡巡したのですが。

でも昨年がちょうど子宮筋腫による体調不良もあって、
原稿が三の酉の朝には上がる予定が1日ずれてしまい、結局熊手を納めるのも
買うことも出来ず、そのせいってわけじゃないだろうけど
今年はいろいろあったので、なんだか
無性に「熊手をちゃんと新しくしなきゃ!」っていう思いが強くて、
「神様、仏様、ごめんなさい!」と、えいやっと、
酉年(’05年)の酉の市で買った熊手を納め、新調して参ったのでした。
ずっと気になっていたことでしたので、新しい熊手を手にして、
(だいぶ大まけしてくれて、お値段の割にずいぶん立派な熊手になりました!)
ちょっと気持ちが軽く、前向きになりました。

071124_2230~01.jpg

少しずつですが、
新しい環境での
仕事のペースも
つかめてきました。
以前よりは
ペースダウンして
しまいますが、
むしろ一本ずつを
大事に描いて
これからまだまだ
「成長」していきたいと
思っています。

来年もどうぞよろしくお願い致します。m(__)m
posted by ねもと章子 at 22:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | (過去ログ)更新情報:Nautilus

2007年11月14日

ウーマン劇場12月号発売中&タイミング良く?本日「恋メロ」が放送されます〜!

またしてもご無沙汰です!(^^ゞ

前の日記から1ヶ月半経ちましたが、
あの頃「ようやく暑さが一段落して朝晩秋めいて」
位だったのが、いまはもうだいぶ秋も深まり、
そろそろコートの季節ですね。(北の方はもう雪景色?)

さて、更新情報です。

ウーマン劇場12月号 (11月6日発売。発売中です!)に
「ハミングすれば…」42pを描かせていただきました。
Informationのページにも書きましたが、
テーマは「不倫というほどドロドロしない
でもキュンとする淡い主婦の恋」(^◇^;)ってヤツです。

そんな都合のいい恋愛、そうそうあるわきゃ
ないんすが、そこはそれ、フィクションですよ。
夢を形に描くのが、私らのお仕事ですからね。
頑張りましたわ。

…というか、今回結構、自分自身
楽しんで描かせていただきました。
やっぱりいいね、胸キュンは。

実は私自身もウーマン劇場登場は11ヶ月ぶり、
昨年12月発売を最後に入院手術やいろいろありまして、
しばらくご無沙汰しておりましたが、
その間に「ウーマン劇場」自体もかなりリニューアル。

以前より恋愛要素や、感動もの、長編が多めになった
とのことで、表紙のロゴなんかも変わったり。
ぜひ、お手にとってご覧になって下さい。

さて今回の作品中に何度か出てくる
「…ジーズのメロディ…」(^_^;)という曲は、
判る人には判って戴けるビージーズ(The Bee Gees)の
メロディフェア(Melody Fair)です。

ご存じない方は、YouTubeで見つけた映像を貼り付けて
みましたので、聴いてみてください。
(著作権的には×だと思います。
あくまでもご紹介の意味です。どうぞご了承下さい。)



そして作中に出てくる映画はもちろん
「小さな恋のメロディ」。

なんと、ちょうど今日11/14にNHK BS2の
衛星映画劇場で放映されるようです。

テレビ初放映当時、小学生にして既にオタク!だった(--;)
私には、吹き替えがマーク・レスターの声を
「少年探偵団」のオウム少年役!と、
「あらいぐまラスカル」のスターリング少年
(多分このイメージからでしょう)の役で、そのちょっと儚げな声で
少女の心をぎゅぎゅっと掴んでいた内海敏彦くん
だったのが激ツボでした!
(そして当時「妖精」といわれたトレイシー・ハイドの
声は、あの杉田かおるだったのよね〜。(^◇^;))

ご興味のある方は(吹き替えじゃないだろうけど(^_^;))、今夜ぜひどうぞ。

しかしYouTubeってすごいね。
メロディフェアも名曲でしたけど、
「こっちが好き」という方も多いのでは?の、
「若葉のころ」もありましたよ。



そして実は歌詞のほろ苦さ込みで
私が一番好きなエンディング
(そう、あのトロッコのシーン!)の曲、
Teach Your Children(Crosby Stills Nash & Young )
もあったですよ。



すみません、あくまでも著作権的には…。(;^_^A
今夜の衛星劇場、ご覧下さいね。

そして、ぜひウーマン劇場12月号の
「ハミングすれば…」を一緒にご覧戴ければ
有難き幸せにございます。m(__)m
posted by ねもと章子 at 10:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | (過去ログ)更新情報:Nautilus