2008年06月24日

原画展終了。素晴らしい時間を過ごさせて頂きました(^^)。(ちょっと修正版)

「山田ゴロと愉快な仲間たち
〜原画で見るヒーロー・ヒロイン展〜」

一昨日22日をもって、無事終了致しました。

期間中はたくさんの方にご来場頂きまして、誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます。m(__)m

この6/17〜22の6日間に、何度私は
「漫画家でいて良かった!」と思ったことか。


信じられないくらい、幸せな時間を過ごすことが出来ました。
ご来場下さった方、来場は叶わずとも励ましのお声を下さった方、
心よりお礼申し上げます。m(__)m

お忙しい中、わざわざ横浜までお越し下さった、友人の方々、
作品を御覧下さり、ありがたい言葉をたくさんかけて下さって、
ありがとうございました。
この場からで恐縮ですが、改めまして厚く御礼申し上げます。m(__)m

それから先日お邪魔した東京デザイナー学院の生徒さんたちも
O編集長(もとい先生)と共に来て下さいました。

当時雑誌を作っていらしたO編集長の前で、そこに載せて頂いていた原稿の講釈を
生徒さんにするのはちょっと気恥ずかしかったですが、
ほかの先生方の美しい原稿も御覧頂けたので、
「勉強になりました」と楽しんで頂けたようでした。

そうした、素晴らしい出来事、そのどれもが、感謝感激で、
忘れられない思い出になりましたが、
中でも、今回私が主に展示させて頂いた「レートル」
というシリーズ作品の雑誌掲載中の読者で、
当時、何度かお手紙を下さっていた、TKさん(当時、高校〜大学生)が、
わざわざお仕事の合間に駆け付けて下さったことは、
あの作品を描いてから既に17〜9年も経ってしまっていて、
途中ペンネームを変えて、すっかり少女漫画から離れてしまっていた
私にとってはもう、信じられないくらい、本当に夢のような、
これ以上無い幸せな出来事でした。

TKさんは関西在住。
現在は客室乗務員(スチュワーデス、もといフライトアテンダント)を
なさっていて、そのフライトで東京方面に出られる予定が立ったところで、
私にメールを下さったのでした。「21日に伺います。」と。

半年ほど前に、偶然私のサイトを見つけて下さって、
それから時々チェックしていて下さったのだそうです。
(やっぱりサイトを作って発信しておくのって、無駄じゃないんですね。)

TKさんとは、お会いするのはもちろん初めてですが、
当時、頂いたお手紙の中に、
大学時代の初めての海外旅行で撮られたという
「KLMオランダ航空」のポスターの写真
(にっこり笑った、ブロンドでおかっぱのKLMのスチュワーデスの写真)を
「ジャンヌ(シリーズの主人公の名)はこんな感じかな?と思って」と
私にも送って下さったことなどは、今でもよく覚えておりました。

そのTKさんが、17年ほどの時を経て、ご自分が客室乗務員となって、
「午後にはフライトがあるので正午までしかいられないのですが…。」と、
21日の開場間もなく、カートを引いて颯爽とお出ましになり…。

「じゃあ、今はジャンヌと同じ『空を飛ぶお仕事』をなさっているんですね。」
なんだかすご〜い!と、はしゃぐ私。<バカ(^^)

それから1時間半ほど、掲載中のあれこれや、私が昔ドイツへ行った時の話や、
ファンレターのお返事にお出ししていたペーパーのこと等、
なんだか17年の年月を超えて、当時のままの気持ちでお話が弾んで
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

とても幸せな時間でした。
(それですっかり舞い上がってしまって、お買い求め下さったタンブラーを
箱にも入れず、身出しのまま袋に入れてお渡ししてしまったのでした。m(><;)m
粗忽者で、本当にごめんなさい〜!)

21日はイベント日で「キューティーハニーThe LIVE」主演の
原 幹恵さんのトーク&サイン会や、
「仮面ライダースーパー1」主演の高杉俊介さんとヒロイン役、田中由美子さん、
そして投影特撮ものの名プロデューサー平山亨さん等による
トーク&サイン会もありました。

それから我等が山田ゴロ先生と桜多吾作先生の、ボケ突っ込み…もとい、
漫画界の大先輩の苦労譚やぶっちゃけ話、
お二人の師匠である、石ノ森先生のお話等が聞けた
貴重なトークショーもあって、
ここでは無いはずだった「撮影タイム」(オジさま2人の撮影会)まで
来場者の要望で急きょやることになったりして。(^。^;)
(ゴロ先生が「ハニーフラッシュ」とかポーズをとったり(^▽^))
とても楽しく有意義な時間でした。

そのおかげで21日は、原画展の会場も午後は
「立水の余地なし」な混み具合に。
来場者のおよその人数を正の字でカウントしていたのも、
この日の午後は途中で断念。
「計測不能。いっぱい。」と書いてあったり(^^;)。

本当にありがたいことです。

こんな素晴らしいイベントにお誘い下さいました、
山田ゴロ先生、ココアさんご夫妻に
厚く、あつ〜く、もう暑苦しいくらいに御礼申し上げます。
m(__)m

そしてこの素晴らしいイベントを企画運営して下さったTOKIYAさん、
ご一緒させて頂いて、サイン(^^)や素晴らしいお話等を
いろいろして下さった桜多吾作先生、倉田よしみ先生、柳生 柳先生、
本当にありがとうございました。

いろいろお手伝い頂いて、今回いっぱいお話し出来て楽しかった
J-Macのメンバーでイラストレーターの徳田じざべさん
(こんなに嗜好が共通していようとは!嬉しすぎ!これからも宜しくね!)、
同じく菅 直子さん
(あなたがいなければ展示は始まらず、終われませんでした!
まさに女神!カラオケ、またご一緒しましょう〜(^^)!)、
お二人のお力があってこその成功でした。
ありがとうございました。

本当にありがとうございました!m(__)m
_____________________

gengaten.jpg(写真はサムネイルをクリックすると大きな画像が見られます。)

写真右下は、会場入り口の看板の写真です。
山田ゴロ先生描き下しのロボコン(ゴロ先生のロボコンは
石ノ森先生のと違って、首のスカーフが黄色でなくピンクで、
体型もより「コロン」としていてかわいいのです(^^)。)に
全員の色紙サイズの絵が入ったデザイン。
各自の直筆サイン入りでした。(桜多先生のだけ貰いそびれた!)

以下は、ほかの写真について、
私の展示のあれこれなので、ご興味のある方のみ、どうぞです。続きを読む
posted by ねもと章子 at 14:08 | Comment(12) | TrackBack(0) | 近況報告

2008年06月22日

原画展、本日最終日です(まだ間に合います。(^▽^;)良かったら来てね(^^))!

たくさんの方に来て頂けて感謝感激です!
ありがとうございます。

いろいろな素敵なこともありました。(^^)
それについてはまた後日書かせて頂くとして。

☆『 山田ゴロと愉快な仲間たち〜
原画で見るヒーロー・ヒロイン展 』 ☆


本日最終日です。入場無料(^^)。
宜しければぜひお出かけ下さい!

午前10時開場。最終日の今日は搬出作業があるため、17時で終了となります。

□出品者
山田ゴロ、桜多吾作、倉田よしみ、柳生柳、ねもと章子

会場:「横浜人形の家」2Fにて
地図はこちらです。
http://gengaten.info/pc/pages/access.html

最後の一日、がんばります!
それでは、行って参りま〜す!(^^)/~~~
posted by ねもと章子 at 07:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 近況報告

2008年06月15日

昨日のこと。

昨日、14日は私の誕生日に
たくさんの方からブログへの書き込みや、
メールやメッセージを頂戴し、感謝感激な1日でありました。
嬉しかったです!ありがとうございました。m(__)m

そんな中、東北地方で大きな地震が起き、
たくさんの方が怪我をされ、住居を失い、
命を落とされた方もいらっしゃいました。
謹んで、お見舞いを申し上げます。

少し前に関東でも一晩中余震の続いた、
少し大きめの地震がありました。

とはいえ、部屋の中の上の方に置いてあったもの等が
少し落ちた程度でしたが。
あれでも一晩中、続く余震にとても怖い思いをしました。

昨日のあれは、きっとその何十倍もの恐怖と、
被害、そしてお疲れだったと思います。
無事だった方でも、ご不自由なことが多いと思います。

それでも、日本は阪神大震災の教訓もあってか、
対応は比較的早いのでしょうが。
(阪神の時は初動が遅れたりで、被災者も本当に大変だったようですね。)
一日も早く、元の生活を取り戻されますようにと、
お祈りするばかりです。

明後日からの
「山田ゴロと愉快な仲間たち〜原画で見るヒーロー・ヒロイン展」でも
「(社)日本漫画家協会」の
中国四川と、昨日の宮城・岩手内陸地震への募金箱を
置かせていただくことになりました。

宜しければ皆様のお気持ちをお願いいたします。
(お預かりした募金はメンバーの柳生 柳先生がしっかり届けてくれます。)

私は今夕上京し、明日搬入です。
行って参ります。(^^ゞ

会場で、お会いできますのを楽しみにしております。
m(__)m

下のイラストは昨日「お誕生日」で戴いた(^^)、
伊月さんの「手書きブログ」絵。

(絵をクリックして頂くと「手書きブログ」ページに飛び、大きな絵をご覧頂けます。)
ラインハルト・ハイドリッヒとシェレンベルク。
シェレちゃんが遠い目をしているのが良いですね(^^)。
素敵な絵を、ありがとうございました〜!
posted by ねもと章子 at 12:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記