2009年09月18日

告知いろいろ

informationページにも掲載しましたが
Holmes.jpg07年11月〜08年新年号に
かけて秋田書店発行の
「サスペリアミステリ−」誌に
前後編で掲載された
シャーロック・ホームズ
「緋色の研究」
(A・C・ドイル原作)が
今月24日発売の
秋田トップコミックスワイド
ミステリーコミックセレクション
「11人の名探偵」

一挙掲載されます。

私の描いたシャーロック・ホームズの背表紙が目印!(^^)
こちらを目印に、コンビニでお見かけの際は
ぜひお手にとってみて下さい!

「通称」コンビニコミックスですが、もちろん一般書店、
ネット書店からも購入して戴けます。

07227176.JPG.jpeg「11人の名探偵」
(秋田トップコミックスW)9月24日発売
本体価格 571円 (税込 600 円)

今回、私の「緋色の研究」は後編の扉絵を無くし
その分を描き下ろしたほか、
キャラクターの表情やポーズなどを
初出時の原稿から、いろいろ描き改めています。
掲載当初の誤植なども改めて頂いています。

初出時にご覧下さった方も、是非違いを見比べて頂ければと思います。(^^ゞ
感想などを、お手紙で頂けると大変有り難いです。
勿論、必ずお返事致しますので、宜しくお願いします!

〒102-8108
東京都千代田区飯田橋2-8-10
秋田書店 サスペリアミステリー編集部
ねもと章子 宛



そして、明日から
「第4回デジタルポンチin浅草 2009」が始まります。
私、もちろん今年も参加致します。(^^)
dejipon09.jpg

今年のテーマは『 はな・花・華 』 です。

期間 : 9月19日 ( 土 ) 〜 10月10日 ( 土 ) (月曜休館)
    時間 10:00〜18:00
   (入場は17:40まで。最終日は14:30終了)

会場:TEPCO浅草館 3階(クリックで地図が出ます)
   〒111-0035 東京都台東区西浅草2-27-7
   TEL 03-4463-8422

私の在廊当番日(決定しました)は、
10/2(金)午前10〜14時 です。
ほかに 9/19(土)午後、10/8(木)午前、
10/10 ( 土 ) 午後も在廊予定です。

ぜひお越し下さい!どうぞ宜しくお願いします!(^^)
posted by ねもと章子 at 05:50 | Comment(11) | (過去ログ)更新情報:Nautilus

2009年09月11日

あれから8年経つ訳ですが。

「同時多発テロ」と呼ばれている、米国で起きた事件から今日で丸8年。
月日が経つのは早いもので、いまではその国の大統領も替わりましたが…。

本当はあれはどういう事件だったのか?
その後、沢山の犠牲者を出した、アフガニスタンやイラクでの戦争は
何のためのものだったのか?

あの日、何の罪もない、多くの人が巻き込まれて、命を落としたことだけは
紛れもない事実。
それが「誰の、どんな思惑」のためだったのかは、本当はまだ何も判っていないけれど。

その方々のご冥福も祈りつつ、自分たちが生きている、この時代、
この世界について、やはり今日はちょっと考えてみたいと思います。
宜しければご一緒に。
http://www.youtube.com/view_play_list?p=BC2DA57B9431BF23
(上記動画には著作権があります。各著作者に敬意を表します。
ご指摘があれば削除致します。)
posted by ねもと章子 at 19:42 | Comment(2) | 時事ネタ所感

2009年09月10日

伝書鳩強し!こういうニュースが、なんだか好きです。(^^)

南アの通信会社、
データ伝送の速度で伝書鳩に敗北

2009年 09月 10日 15:25 JST ロイター

微妙にローテク好きなので、こういうニュースが大好きです。(^^)
しかし、これで来年のサッカーW杯、大丈夫なのかしら〜?

いま海底に1万7000キロの光ファイバーケーブルを敷く工事を
しているそうですが、万が一間に合わなかったら、
ついでに伝書鳩のW杯も観られたりして?
まあ、それはそれで楽しそうですね。(ゼヒ、ヤッテイタダキタイ!)(^^)

それにしてもこのニュースを配信しているのが、ロイター通信社だったのが
また面白かったです。(^^)

ご存じの方も多いでしょうが、創業者のポール・ジュリアス・ロイター氏は
伝書鳩を使ってのパリ株式市場の最速情報で売り出した人物。

列車を使うよりも早い伝書鳩のおかげで、いち早く情報を届けて大成功。
(まさにデュマの「巌窟王」の時代ですな〜。(。-_-。))

その後、ロンドン株式市場に事務所を移転した後、
ドーバー海峡や大西洋横断の海底ケーブル施設に莫大な投資をし、
英国の帝国主義に貢献して男爵の称号を与えられた人物ですが、
この「海底ケーブル」も、20世紀の初頭には無線ブームに取って代わられ、
一度はその価値も低下してしまっていた訳ですが…。(__;)

近年、国際的なインターネットのブロードバンド化に伴う需要や、
テレビ中継でもインテルサットの静止衛星経由に比べて高品質ということで、
その価値が、また高まっている…と。(^^)

…で、その辺を踏まえてこのニュースをもう一度読むと、
なんだかんだ言って
うちの創業者、超エラくね?by.ロイター」
な風にも読めたり。(^◇^;)

そういう部分も含めて、とっても楽しいニュースでした。(^^)
posted by ねもと章子 at 23:33 | Comment(2) | 日記