2009年10月30日

新・三銃士、10話までを見終えて

かなり楽しく観ております。
良いです!! 素晴らしいです!!
「NHK 連続人形活劇 新・三銃士」

キャストも、人形のデザインも、演技も、オープニングアニメも、音楽も、演出も
何もかも好みだ〜!!!!! と、相当はまり中です。

「パーフェクトガイドブック」まで買っちゃいましたわ。
11月に出るスパニッシュ・コネクションのサントラも多分…いや、絶対買います!
(伊月さん、情報ありがとうございます!)(^^)

キャストが芸達者の声優さん揃いというのは、始まる前から判っていましたが、
10話まで見てみて、このキャスト陣の演技力と共に、
人形のキャラデザインの秀逸さが素晴らしくって、あと、目の動かし方とか、
表情が良いですね〜!もう画面を舐める様に観ている私です。

中でも主人公のダルタニアンの人形にうっとりです!
「恐いもの知らずの少年」な感じが良く出た、
少し釣り目気味の目つき、弓なりの眉毛、
広角が上がってつんとした唇の色っぽさ、頬の微かな精悍さ、
そして角度によっては憂いを秘める瞼…もう、いろいろ惚れ惚れです!
勝ち気な少年の色気が良く出ていて、素晴らしい〜!(。-_-。)

で、このお顔。
「なんだか金子 國義さんの描く少年の様だわ〜!」と、
ワタクシずっと思っていたのですが、
ガイドブックを見たら、キャラデザをされた井上文太さんという方の
プロフィールに「金子 國義氏に師事」という一文を発見!やはり! ヾ(=^▽^=)ノ

他にも、不敵で不気味なロシュフォールや、リシュリュー枢機卿など、
とても存在感があって、素晴らしいデフォルメ。秀逸です!
…と、本当に、一人一人褒めまくりたいほど、
どの人形にも説得力があって、大変素晴らしいのですが、
その中で、ダルタニアンの他に私がかなり気に入っているのが
トレヴィル隊長の人形です。

立派な眉毛の下の深い眼窩、その奥で光る薄い青の瞳が
普段すっとぼけていても「出来るオヤジ」な感じ。原作から好きなキャラですが、
イメージドンピシャで、演技も上手い!!! 素晴らしいです。

面白いのがルイ13世。この人形のデザインを観た時、
「あれ?星の王子様?」と、ちょっと思いました。どうでしょうか?
この若き王も孤独であり、大人達は彼を子供で幼稚と見下していますが、
この王から見た「変な大人達」の世界はどんなか?「星の王子様」視点で
見てみるのも面白いかもしれません。

あと、今回ポルトスが個人的にすごく良いんですよ〜!
実は私、これまで、何度も原作を(いろんな訳で)読んで、
映画もいろんなキャストのを何作も観てきましたが、
正直ポルトスが「もてる」というのが、
今までもうひとつピンと来なかったんですよね。
「まあ時代とお国柄の違いってことで」と思って来たんですが…。

この人形劇で、三谷さんの脚本と、人形の良く作り込まれた造形と
かわいい動き、声優の高木さんのユーモラスで情のある、
かわいい喋り方の力によって、
初めて「確かにもてるかも。…かわいいし!」と、思いました。

確か、原作でポルトスはオシャレさんという設定でも
あったと思うんですが、そういえばこの三銃士の人形の中で、
彼ひとり、服の色がとてもきれいなピンク!なんですよね。
飾り襟も一番華やかです。
そんな、細かいところが本当に良く作り込まれているのが、
すごいと思います。 感動です!!!

オープニングのアニメも、短いけどセンスが良くて大好きです!(^^)
この感じは、お城のデザインの大胆さも含めて、
同じデュマ原作のアニメ「巌窟王」の、前田真宏監督が作った
ビジュアルイメージと、少し近いところがあると、
私はちょっと感じました。
あのアニメにも私、大層はまりました。(^^)
(アニメ、後半のお話のグダグダさは切なかったですが(__;)。
ビジュアルセンス、キャラクターデザイン、音楽等は
本当に素晴らしかったと思います。)

オープニングは音楽も良いです。何よりワクワクさせてくれて。
スパニッシュ・コネクション!サウンドトラック、楽しみです!

ダルタニアンの出身地ガスコーニュ地方は、スペインと国境を接する地域。
ガスコーニュ地方の元々の言語は オック語で、
スペインのカタルーニャ州北西部(ピレネー山脈辺り)で話されている
アラン語という言葉も、ガスコーニュ語の方言なのだとか。
で、「オック語圏」という意味で「オクシタニア」と、その辺一体
(に、イタリアやモナコの一部を入れて)一括りに呼ばれることもあるのだそうで。

だからこの音楽、そういう意味でもバッチリ合ってるんですよね。
(あと王妃もスペイン出身だしね。)
いろいろなところが深くて凝り性で、贅沢な作りになっているところが、
またツボです。観れば観るほど好きになります。

番組は、先週までの「月〜金、毎日放映」という贅沢な二週間が終わって、
今夜から毎週金曜日ごとに、夕方20分ずつの放送に。

忙しい大人になってしまった今では、正直「それくらいで丁度良い」のですが、
贅沢な私の中の子供心が「すぐに次を観せて」と思うかもしれません。
幸いにして今はビデオがあるので、ここまでの回のを何度でも観られますが。

思えば「新・八犬伝」の頃は、ビデオなんてなかったから
見逃したらそれっきりだし、前の回を振り返る手段は記憶だけだったんですよね。
でも、だからこそすごく真剣に観ていました。

どうやら三谷さんは、あの番組を相当意識していらっしゃるご様子。
リシュリュー枢機卿が関東管領 扇谷定正かしら?ミレディが玉梓+船虫?
…なんて、そんなことをいろいろ考えつつ、
これからも楽しみにしていきます。(^^)

ダルタニアン、流し目が危険なほど色っぽいぜ!
アトスもミレディと早くも絡んで、嬉しいわ〜!
うふ〜!(。-_-。)  幸せです〜〜!!!
posted by ねもと章子 at 01:48 | Comment(5) | 三銃士

2009年10月25日

「関西コミティア35」で関西LOVE!実感(。-_-。)

先週18日(日)に、参加してきました、
初めての「関西コミティア」
ご報告とお礼が、一週間も遅くなってしまって
申し訳ありません!;;;m(__)m
相変わらずのスローペースで面目ないです。(__;)

思えば「今、週一で大阪に来てるんだし、
折角だから、ちょっと出てみようかな…」くらいの
軽い気持ちで申し込んだ「関西コミティア」だったのですが、
参加してみて「出て良かった〜!」と、心底思った、
とても素敵な出会いのあった、イベントとなりました。

当日【Nautilus】のスペースまでお越し下さった皆様、
ありがとう御座いました!
改めて厚く御礼申し上げます!m(__)m
(遅くなってしまって本当にすみません〜〜!!!;;;)

スペースには阪神大震災以降、緩い文通状態で、
今年になって初めてお会いした昔の読者、神戸のY・Kさんが
取りにくい日曜日にお仕事の休みをとって下さってご来場。
(いつもありがとうございます!!! m(__)m)
それから京都在住のY・Tさんも!
(お土産もありがとう御座いました!m(__)m)

今回は、ほかに「昔、読者でした。」という方が、
なんと3人も(私には「も」!なんですよ〜!(^^ゞ)
お声をかけて下さいました。感激〜!!(T▽T)

10年くらい前に1度、友人2人と本を作って出た
東京のコミティアで、お一人「読者でした。
もう秋田(書店の雑誌)では描かないんですか?」と
お尋ね頂いたことはありましたが、
1度のイベントで3人も(私には「も」!なのね。(^^))
「読者でした。」とお声がけ戴いたのは、初めてで
ちょっとビックリでした。

昔、ボニータ時代、編集部宛にお手紙を下さった方が
(ちゃんと数えたわけではないですが)何故か
7:3位の割合で、西日本の方が多かったんですよね。
(ま、絶対量はそんなに多くなかったんですがね。(^◇^;);;)
何でかしら〜?と、当時思っていたのですが、
今年から週一大阪に来てみて、妙に居心地が良いんですよ。(^^ゞ
気さくで人懐こい人柄が多いのと、
良い意味で「都会なのに、なんだか懐かしい感じ」とか。

あと、ホテルに帰った時に時々観るテレビで、
例えば政治的なことなどについて、
関西圏のみオンエアの番組の方が、
関東圏のものよりはっきりと
ものを言っているものが多かったり、
その辺も「好き」なところかも。

私の地元、千葉県銚子には江戸時代に
紀州(和歌山県)辺りから移り住んで来た人が
多くいるそうなんですが、
(お醤油を銚子に持ち込んで創業した、
ヒゲタ醤油の創始者の田中玄蕃(たなか げんば)氏や、
ヤマサ醤油の創始者の濱口儀兵衛氏とか…。
なぜ紀州から銚子だったかというと、
和歌山県から船に乗ると「黒潮」の潮流で
たとえ難破しても千葉県銚子辺りに
辿り着くからなのだそうで。
銚子以外にも、千葉県には
「勝浦」「白浜」「安房(阿波)」等
紀州と同じ地名が多いんですよね。)
そういうの、関係あるのかしら?

…ちょっと話が逸れましたが。(^^ゞ

思いがけず、お声をかけて下さった三名の方、
うちお二人は昔、編集部宛にお手紙を下さっていた方々でした。
(あの頃も、今も感謝です!m(__)m ありがとうございます!)
あとのお一人は
「『切り裂きジャック〜』の話から読んでいて
好きだったんですけど、手紙は一度も出したことは
なかったんです。」と仰って下さった、Yさん。

Yさんが読んで下さったという『切り裂きジャックに花束を』は、
ミステリーボニータ創刊号に載った私のデビュー作?でした。
『Candle』誌に載った受賞作『1911年のセルフスターター』より
先に発売になったので、そういう意味で。
『花とゆめ増刊』に載った『翼がくれた夢』
(あれはデビューではなく『受賞作掲載』だったので)を除けば、
本当に一番最初の掲載作品。
もう、22年半も前…なんですよね〜。(_ _;)

…にしては、お若いYさん(当時小学生?)にスケブをご所望頂き、
ろくな筆記具も持っていなかった私は、
シャーペンオンリー(しかも消しゴムを忘れて、
この日 売り子を手伝ってくれた、大学の学生のR・Sちゃんに
お借りしまくって〜(;^_^A)で、慣れないこと故、
手を震わせながら描かせて頂きました。
こ、後悔〜。ごめん! …>_<…
いつか機会があったらリベンジさせて下さいね!;;;

それにしても、最近まで約10年ほど、
別ペンネームで女性、主婦向け中心のお仕事をして
おりましたので、それでもまだ覚えていて下さる方がいる
というのは、本当に有難いことです。感謝!m(__)m

この日、売り子を手伝ってくれたR・Sちゃんは、
夏コミの時にもお友達の売り子で参加していて、
スペースに寄って本も買ってくれた(多謝!!)
私の教え子ちゃんです。(^◇^;)

既にお仲間との同人誌などでけっこう描いている
こともあり、キャラクターの表情のかき分けなど、
なかなか上手い学生。
そんな彼女の横で、消しゴムを借りつつ;;;
普段、授業で「人物の顔のバランスは…」とか、
偉そうに言ってる私め、
大層緊張…しまく…り…デシ…タ。…バタリ。(_ _;)
(もっともっと、精進しなくてはっ!!_〆(。。;);;;)

R・Sちゃんには、お買い物でも
若い感性でお買い物して来た同人誌を見せて貰って
「これいいね!私も買ってくる!スペースどの辺?」
なんて、ご教授願ったり、
すっかりイロイロお世話になりまくり。(^^ゞ
(当初「チケット余ってるから、来たかったらあげるよ。
30分〜1時間くらいだけ留守番してくれると助かるけど、
あと自由にしてくれていいからね〜!」
なんて言ってたのに、蓋を開けたら朝の設営から
メチャクチャ世話になりまくっちゃったわ〜。;;;)
ありがとうっ!!! キミがいてくれて助かった!!!((;・・ヘ)

お買い物では、他に 小林 源文さんがスペースを出して
いらしたので、「黒騎士物語」【愛蔵版】を購入!
ワタクシ、昔のホビージャパン版を持ってるんですが、
すっごく嬉しいお買い物でした!ヾ(=^▽^=)ノ

今回は来年発行のシェレ本のチラシも配布。
こちらはけっこう貰って頂けて嬉しや〜!
(↑リンク先にPDF形式でチラシデータをUPしました。
宜しければ、こちらからDLして下さい。(^^)11.8Mbあります。)


今回も、新刊「Dullahan(デュラハン)」自体 の売れ行きは
前回のコミケと同じ8冊に留まった(^◇^;)のでありますが、
い、いいのさっ!地道に捌けていけばっ!!
(つ、通販もしておりますよ!
どうぞ宜しくお願いしま〜す!(^^))
…っというわけで、素敵な交流もいっぱい出来たし、
充分に実りの多い、「関西好きだ〜。」と
また実感した一日となりました。

「関西コミティア」次回は来年の5月だそうですが、
シェレ本ひっさげて、是非また参加したいと
思っております。
関西の皆様、どうぞよろしくお願いいたします!m(__)m

そして20日後の11月15日(日)には、
今度は東京ビッグサイトで、
「COMITIA90」
参加します!
場所は東京ビッグサイト西1ホール、
スペースはよ-07b【Nautilus】です。

お時間が許す方、お近くへお越しの方、
是非お立ち寄り下さい!ヾ(=^▽^=)ノ
posted by ねもと章子 at 22:39 | Comment(2) | 近況報告

2009年10月15日

コミティア90参加します!関西コミティア(10/18)も!

参加です!宜しくお願いします!ヾ(=^▽^=)ノ

もう、気がつけば数日後に迫った関西コミティアですが。
私のスペース、「Nautilus」はA-48
どうやら有難いことに「壁」みたいですが…。
もしそうなら、人生初です。ドキドキ(O.O;)

いよいよ今度の日曜日、10月18日です。
関西方面の皆様、どうぞ宜しくお願いします!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「関西コミティア35」
2009年10月18日(日)
    時間 11:00 〜 15:30
会場:OMMビル(大阪マーチャンダイズ・マート) 2階B・Cホール
   地下鉄谷町線・京阪本線『天満橋』駅下車
   改札出口からOMMビル地下2階まで直接連絡しています。
スペース:Nautilus A-48
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、ひと月後の11月15日、東京ビッグサイト西1ホールで行われる
COMITIA90にも参加が決定しました!

こちらのスペースはよ-07bです。

COMITIA90の行われる東京ビッグサイト西ホールでは、
pixivマーケットがアトリウム部分で行われ、
今回のCOMITIA90とは、どちらかのパンフレットのみで、
両方に入場が出来るという、相互入場を行うそうですから、
いろいろ見られるチャンス!というわけで、
かなりお得なイベントだと思います。

また、相互入場はしていませんが、西2ホールでは、
戦国・時代系イベントがある様で、
これもいま結構旬なだけに、楽しそう。(^^)
というわけで、かなり会場は賑やかになりそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
COMITIA90
2009年11月15日(日)
    時間 11:00 〜 15:30
会場:有明・東京ビッグサイト西1ホール
スペース:Nautilus よ-07b
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関西も、東京も、御用とお急ぎでない方は、どうぞお気軽に遊びに来て下さいね!
宜しくお願いします!(^^)
posted by ねもと章子 at 21:57 | Comment(4) | 同人誌イベント