2015年04月01日

3月にTorinoで墓参り!(Torino〜Milano〜Wien〜Paris〜Versaillesの旅(その1))

とってもお久しぶりです!(^^;)
すっかり放置で荒野と化したブログですが懲りずに戻って参りました。
新年度にもなった事ですし、草刈りして、また一から耕します。
どうぞ宜しくお願いします!!m(_ _)m

TwitterやFacebookでは少し呟いておりましたが3月上旬に約2週間、
イタリアのトリノ、ミラノ、オーストリアのウィーン、そしてフランスのパリとベルサイユを
妹との二人旅で行って参りました。

帰国後に人に話すと「ツアー?」と何度か訊かれました。
ツアーではなく自分達で飛行機のチケットをとって
(ホテルや途中の乗り継ぎ飛行機などは全部妹が手配してくれたんですが(^^;))行ったというと
今度は「何故そこに?」と。(^^;)

確かにトリノにミラノにウィーン、そしてパリと
全部西欧だけど、そこそこ距離もあるし
「一体その旅行、何がテーマ?」
そう訊かれるのは至極もっともな事かも。

特にトリノについては
「『トリノ』ってあの(荒川静香がイナバウアーで金メダルを獲った)冬季オリンピックのあのトリノだよね?
で…何を観に?」って。

…まぁ、確かにね。(^^;)

ローマにフィレンツェ、ミラノやナポリ、ヴェネチア…等に比べると、日本人に人気の
イタリアにあって、若干マイナーな印象のトリノ。

嘗てサルデーニャ王国の首都であり、現在もピエモンテ州の首都という歴史ある都市にも関わらず、もうひとつ印象の薄い街、トリノ。
(あ、妹が「キー!o(`ω´ )o」とか言ってそう。(^^;))

けれど、歴史を紐解けばイタリア統一運動「リソルジメント」の中心都市であり、
素敵な自動車と嘗ては航空機も作っていたFIAT(社名はFabbrica Italiana Automobili Torino「トリノのイタリア自動車製造所」の頭文字)の本社があった街(現在FIATはクライスラーと合併して本社はLondon?に移転したとか。)でもあり…。
我が妹を夢中にさせ、彼女にこの都市の歴史と此処を舞台に活躍した人物についての卒論と修論を書かせた地なのでありました。

また、私にとってもトリノは「ある事」でいつか訪れてみたい場所だったのです。

63年前の正に今日(あ!日付けが変わってしまった!
いや、現地ではまだ…!<こればっか。(^^;))
3/31にこの世を去ったヴァルター・シェレンベルク。
(拙作「レートル」シリーズに登場願った実在人物。<風貌はかなり変えてますが。)
その終焉の地がこのトリノであり、彼は此の地に葬られているのでした。

少ない情報を頼りに、妹にも色々調べて貰い、
「恐らくここじゃないか?」という場所を見つけました。

そこはCimiterio Monumentaleという1860年代に作られた市営墓地。
その中の共同墓所Ossario Generale (Viale della Grande Croce)という場所。
(間違いないと思うのですが。(^^;))
シェレンベルクの遺骨は、死後すぐに埋められた場所から10年後、家族に引き取られなかった為に此処へ移された様です。

このCimiterio Monumentaleの中に、妹が修論でお世話になったMassimo d’Azeglioのお墓もあるということで
妹曰く「お墓参り、付き合っても良いよ。
いや来年1月でダゼーリョ150回忌なんで、
むしろ行きたい!」と言ってくれまして。

二人で墓地の門前の花屋さんで花も買って、
3/3についに!行って参りました!(お花屋さん↓)
image-ee0d9.jpg

これがCimiterio Monumentaleの門の前。
すぐ前にトラムの停留所もあります。(それに乗って行きました。)
image-e222a.jpg

入ります!ドキドキ。
image-40962.jpg

入ったところです。
image-bbccf.jpg

入ると、正面に真っ直ぐに伸びる道。
この先に目指すOssario Generale (Viale della Grande Croce)があるのです!
image-bdb2c.jpg

イマイチ不安なので園内の地図をパチリ。
image-5aaca.jpg

道の両側には歴史的なロミオとジュリエットみたいな
すごいお墓が林立!(それはプライバシーの侵害に当ると思うので掲載できませんが)
さらに歩みを進めると、見えてきました!
image-e1bbe.jpg

これが共同墓所Ossario Generale (Viale della Grande Croce)!
確かにグランデなクローチェです!
image-5933d.jpg

ちょっと斜めからもパチリ。
image-a9f10.jpg

裏へ廻ります。
十字架の下に納骨堂がある、その扉が見えます。
image-ed668.jpg

近づくと、その扉に誰かが手向けたお花が。
image-7b105.jpg

私もお花、手向けちゃいました!(^^;)
image-954a1.jpg
こんな感じで。(-人-)
image-60cea.jpg

因みに此方が、妹のお目当のMassimo d’Azeglioのお墓。
image-f4d0c.jpg
image-b4f68.jpg

本当は、旅の写真を順番通りにupしていこうと
思ったのですがなかなか着手出来ず、
シェレンベルク氏の命日にやっとupと
いう事になってしまいました。
(それすらも日付け変わっちゃったけど。(−_−;))
で、折角なのでという事で、
そのお墓参りの写真からupとなってしまいましたが
その他にもトリノでいろいろ撮った写真や、
ミラノ、ウィーン、パリ、ヴェルサイユと、
この後も徒然なる旅の写真を駄文や時には駄画(^^;)と共に
暫くupして参りたいと思います。

お付き合い頂ければ幸いです。m(_ _)m
posted by ねもと章子 at 00:32 | Comment(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
Your Name: [必須入力]

E-mail:

Site URL:

Coment: [必須入力]