2009年10月30日

新・三銃士、10話までを見終えて

かなり楽しく観ております。
良いです!! 素晴らしいです!!
「NHK 連続人形活劇 新・三銃士」

キャストも、人形のデザインも、演技も、オープニングアニメも、音楽も、演出も
何もかも好みだ〜!!!!! と、相当はまり中です。

「パーフェクトガイドブック」まで買っちゃいましたわ。
11月に出るスパニッシュ・コネクションのサントラも多分…いや、絶対買います!
(伊月さん、情報ありがとうございます!)(^^)

キャストが芸達者の声優さん揃いというのは、始まる前から判っていましたが、
10話まで見てみて、このキャスト陣の演技力と共に、
人形のキャラデザインの秀逸さが素晴らしくって、あと、目の動かし方とか、
表情が良いですね〜!もう画面を舐める様に観ている私です。

中でも主人公のダルタニアンの人形にうっとりです!
「恐いもの知らずの少年」な感じが良く出た、
少し釣り目気味の目つき、弓なりの眉毛、
広角が上がってつんとした唇の色っぽさ、頬の微かな精悍さ、
そして角度によっては憂いを秘める瞼…もう、いろいろ惚れ惚れです!
勝ち気な少年の色気が良く出ていて、素晴らしい〜!(。-_-。)

で、このお顔。
「なんだか金子 國義さんの描く少年の様だわ〜!」と、
ワタクシずっと思っていたのですが、
ガイドブックを見たら、キャラデザをされた井上文太さんという方の
プロフィールに「金子 國義氏に師事」という一文を発見!やはり! ヾ(=^▽^=)ノ

他にも、不敵で不気味なロシュフォールや、リシュリュー枢機卿など、
とても存在感があって、素晴らしいデフォルメ。秀逸です!
…と、本当に、一人一人褒めまくりたいほど、
どの人形にも説得力があって、大変素晴らしいのですが、
その中で、ダルタニアンの他に私がかなり気に入っているのが
トレヴィル隊長の人形です。

立派な眉毛の下の深い眼窩、その奥で光る薄い青の瞳が
普段すっとぼけていても「出来るオヤジ」な感じ。原作から好きなキャラですが、
イメージドンピシャで、演技も上手い!!! 素晴らしいです。

面白いのがルイ13世。この人形のデザインを観た時、
「あれ?星の王子様?」と、ちょっと思いました。どうでしょうか?
この若き王も孤独であり、大人達は彼を子供で幼稚と見下していますが、
この王から見た「変な大人達」の世界はどんなか?「星の王子様」視点で
見てみるのも面白いかもしれません。

あと、今回ポルトスが個人的にすごく良いんですよ〜!
実は私、これまで、何度も原作を(いろんな訳で)読んで、
映画もいろんなキャストのを何作も観てきましたが、
正直ポルトスが「もてる」というのが、
今までもうひとつピンと来なかったんですよね。
「まあ時代とお国柄の違いってことで」と思って来たんですが…。

この人形劇で、三谷さんの脚本と、人形の良く作り込まれた造形と
かわいい動き、声優の高木さんのユーモラスで情のある、
かわいい喋り方の力によって、
初めて「確かにもてるかも。…かわいいし!」と、思いました。

確か、原作でポルトスはオシャレさんという設定でも
あったと思うんですが、そういえばこの三銃士の人形の中で、
彼ひとり、服の色がとてもきれいなピンク!なんですよね。
飾り襟も一番華やかです。
そんな、細かいところが本当に良く作り込まれているのが、
すごいと思います。 感動です!!!

オープニングのアニメも、短いけどセンスが良くて大好きです!(^^)
この感じは、お城のデザインの大胆さも含めて、
同じデュマ原作のアニメ「巌窟王」の、前田真宏監督が作った
ビジュアルイメージと、少し近いところがあると、
私はちょっと感じました。
あのアニメにも私、大層はまりました。(^^)
(アニメ、後半のお話のグダグダさは切なかったですが(__;)。
ビジュアルセンス、キャラクターデザイン、音楽等は
本当に素晴らしかったと思います。)

オープニングは音楽も良いです。何よりワクワクさせてくれて。
スパニッシュ・コネクション!サウンドトラック、楽しみです!

ダルタニアンの出身地ガスコーニュ地方は、スペインと国境を接する地域。
ガスコーニュ地方の元々の言語は オック語で、
スペインのカタルーニャ州北西部(ピレネー山脈辺り)で話されている
アラン語という言葉も、ガスコーニュ語の方言なのだとか。
で、「オック語圏」という意味で「オクシタニア」と、その辺一体
(に、イタリアやモナコの一部を入れて)一括りに呼ばれることもあるのだそうで。

だからこの音楽、そういう意味でもバッチリ合ってるんですよね。
(あと王妃もスペイン出身だしね。)
いろいろなところが深くて凝り性で、贅沢な作りになっているところが、
またツボです。観れば観るほど好きになります。

番組は、先週までの「月〜金、毎日放映」という贅沢な二週間が終わって、
今夜から毎週金曜日ごとに、夕方20分ずつの放送に。

忙しい大人になってしまった今では、正直「それくらいで丁度良い」のですが、
贅沢な私の中の子供心が「すぐに次を観せて」と思うかもしれません。
幸いにして今はビデオがあるので、ここまでの回のを何度でも観られますが。

思えば「新・八犬伝」の頃は、ビデオなんてなかったから
見逃したらそれっきりだし、前の回を振り返る手段は記憶だけだったんですよね。
でも、だからこそすごく真剣に観ていました。

どうやら三谷さんは、あの番組を相当意識していらっしゃるご様子。
リシュリュー枢機卿が関東管領 扇谷定正かしら?ミレディが玉梓+船虫?
…なんて、そんなことをいろいろ考えつつ、
これからも楽しみにしていきます。(^^)

ダルタニアン、流し目が危険なほど色っぽいぜ!
アトスもミレディと早くも絡んで、嬉しいわ〜!
うふ〜!(。-_-。)  幸せです〜〜!!!
posted by ねもと章子 at 01:48 | Comment(5) | 三銃士